カメラの使い方マニュアルはこちら

Nikon U & U2 一眼レフフィルムカメラ の使い方

Nikon U 一眼レフ

こんにちは。

フィルムカメラ専門店Totte Meのときはです。

こちらでは、

  • ボタンやスイッチの名前と意味
  • フィルムをセットする方法
  • 撮影に失敗しないための注意点!
  • 撮影が終わったあとのフィルムの巻き取り方

について説明していきます。

ときは

ぜひカメラをお手元において操作しながら読んでみてください

 

各ボタンやスイッチの名前と意味

  1. 視度調整ダイヤル
  2. コマンドダイヤル(絞り他 調節ダイヤル)
  3. デート機能設定ボタン
  4. フォーカスリング(レンズのズーム調節)
  5. 撮影モードダイヤル
  6. シャッターボタン・電源スイッチ
  7. フォーカスエリアセレクトボタン
  8. 露出補正ボタン
  9. セルフタイマーボタン
  10. フラッシュロック解除ボタン
  11. レンズ着脱ボタン
  12. レンズAF/MF切り替えスイッチ

ときは

このカメラでコマンドダイヤルを使って設定を調整する機会が多いので、覚えておきましょう

フィルムのセット方法

フィルムセットの基本的手順は、以下の通りとなります。

  1. 裏ぶたを開けてフィルムをセット
  2. フィルムを巻き上げ位置まで引き出す
  3. 裏ぶたを閉じて自動で巻き取る or 手動で巻き取って裏ぶたを閉じる
  4. (必要であれば)空シャッターを切る
  5. ISO感度を設定する

この手順に沿ってフィルムをセットしていくのですが、巻き上げタイプによって微妙に方法が違います。

といっても、タイプは大きく分けて2つだけなので、心配しなくても大丈夫です。

ときは

Nikon Uは自動巻き上げタイプになります

 

自動巻き上げタイプ

フィルムをセットして裏ぶたを閉じれば、自動で巻取りが始まり、セットアップが完了するタイプです。

1枚撮影するたびにカメラが自動で巻き上げを行ってくれます。

不安な方は動画を参考にして行ってみてください。

ときは

このカメラは自動でフィルムのISO感度設定も行ってくれるので、これでフィルムセット完了です!

 

  • 注意点①
    フィルムセット後は裏ぶたを開かない(フィルムが感光してダメになる)。
  • 注意点②
    フィルムカウンターの数字が1になっていなければ、裏ブタを開けて再セット。
  • 注意点③
    フィルムを入れても巻き上げされないときはシャッターボタンを半押しする。

 

撮影で失敗しないための注意点

ピント合わせ

撮りたいものをファインダー内のフォーカスエリア(3点)のうちのどれかに合わせて、シャッターボタンを半押しするとオートフォーカスが作動します。

フォーカスエリアが赤く点滅したら、その箇所にピントが合ったことになります。

そのままシャッターボタンを押し込むと、シャッターが切れます。

 

ピンボケ回避

ピンぼけを避けるためには、最短撮影距離より離れて撮影する必要があります。

フォーカスエリアが点滅しないときはピントが合っていないか、撮影距離が近すぎます。

ピントを合わせる被写体を修正するか、ピントが合う距離まで離れて、もう一度シャッターボタンを半押ししましょう。

 

撮影モードの設定

  • AUTO
    イメージプログラム(ポートレート、風景、クローズアップ、スポーツ連写、夜景ポートレート)
    ※ダイヤルで切り替え
  • P:マルチプログラムオート(プログラムシフト可能)
  • S:シャッター優先オート
  • A:絞り優先オート
  • M:マニュアル

初めてカメラに触れる方は、基本的にAUTOでシチュエーションに合わせたモードを使うか、P:マルチプログラムオートがおすすめです。

慣れてきたら、A:絞り優先オートに切り替えて、レンズの絞り値を調整しながら撮影するといいでしょう。背景をボカした撮影ができます。

 

フラッシュ(ストロボ)の設定

このカメラのフラッシュは、AUTOモードでは自動的にフラッシュが発光する自動設定になっています。

その他のP、S、A、Mモード時は、フラッシュボタン(⑩)でポップアップさせてから発光させます

フラッシュを発光しないようにするためには、フラッシュボタン(⑩)を押しながらコマンドダイヤル(②)を回して発光禁止モードにします。

 

撮影後のフィルム巻き上げ方法

自動巻き戻しタイプ

フィルム巻き戻し

すべての枚数の撮影が終わると、自動でフィルムが巻き戻されるタイプです。

巻き戻しが止まったところで、裏ぶたを開けてフィルムを取り出します。

巻き戻しが終わったフィルムは、写真左側のフィルムのように、すべてのフィルムがパトローネ(金属管)に入った状態になります。

ときは

フィルムを取り出したら、ケースに入れて暗いところで保管しつつ、早めに現像に出しましょう

 

  • 巻き戻しされたのにフィルムカウンターの数字が変化しない
  • 巻き戻しの途中で電池切れになってしまった
  • 巻き戻しに失敗してフィルムが途中で切れてしまった

このような場合は、フィルムが完全に巻き戻しされていない怖れがあります。

そのときは決して確認のために裏ぶたを開けたりせず、そのまま写真専門店に持っていきましょう。

 

さいごに

もし分かりにくい箇所やここが知りたい!というポイントがあればお問い合わせよりご連絡ください(カメラの機種名をお忘れなく)。

 

フィルムの購入や選び方についても知っておきたいという方は、こちらでくわしく説明しています。

フィルムの購入方法や選び方を見てみる

 

撮影が終わったあとの現像とスマホ転送については、こちらでくわしく説明しています。

フィルム現像とスマホ転送の方法を見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA