カメラの使い方マニュアルはこちら

Konica Z-up 130e の使い方

KONICA z-up 130e

こんにちは。

フィルムカメラ専門店Totte Meのときはです。

こちらでは、

  • ボタンやスイッチの名前と意味
  • フィルムをセットする方法
  • 撮影に失敗しないための注意点!
  • 撮影が終わったあとのフィルムの巻き取り方

について説明していきます。

ときは

ぜひカメラをお手元において操作しながら読んでみてください

 

こちらのカメラは、メーカーの公式取扱説明書のネット上で公開されています。

できるかぎり正しい使い方をお伝えするために、ネット上に説明書があるカメラについては説明書から画像を引用しています。

詳しい操作説明が読みたいという方は、こちらのPDFデータをご覧ください。

※データが重いので、Wi-Fiがあるところで見るのがおすすめです。

メーカーの公式取扱説明書を見てみる

 

各ボタンやスイッチの名前と意味

  1. 電源ボタン
  2. デート機能ボタン(2049年まで設定可能)
  3. 視度調整レバー
  4. オートフォーカスランプ
  5. ワイドズームレバー
  6. シャッターボタン
  7. フラッシュ・セルフタイマー・撮影モード設定ボタン

ときは

このカメラでよく使うのは、ワイドズームレンズ、シャッターボタン、フラッシュ・セルフタイマー・撮影モード設定ボタンになります

 

フィルムのセット方法

フィルムセットの基本的手順は、以下の通りとなります。

  1. 裏ぶたを開けてフィルムをセット
  2. フィルムを巻き上げ位置まで引き出す
  3. 裏ぶたを閉じて自動で巻き取る or 手動で巻き取って裏ぶたを閉じる
  4. (必要であれば)空シャッターを切る
  5. ISO感度を設定する

この手順に沿ってフィルムをセットしていくのですが、巻き上げタイプによって微妙に方法が違います。

といっても、タイプは大きく分けて2つだけなので、心配しなくても大丈夫です。

ときは

Konica Z-up 130e は自動巻き上げタイプになります

 

自動巻き上げタイプ

フィルムをセットして裏ぶたを閉じれば、自動で巻取りが始まり、セットアップが完了するタイプです。

1枚撮影するたびにカメラが自動で巻き上げを行ってくれます。

不安な方は動画を参考にして行ってみてください。

ときは

このカメラは自動でフィルムのISO感度設定も行ってくれるので、これでフィルムセット完了です!

 

  • 注意点①
    フィルムセット後は裏ぶたを開かない(フィルムが感光してダメになる)。
  • 注意点②
    フィルムカウンターの数字が1になっていなければ、裏ブタを開けて再セット。
  • 注意点③
    フィルムを入れても巻き上げされないときはシャッターボタンを半押しする。

 

撮影で失敗しないための注意点

ピント合わせ

撮りたいものをファインダー中央の[  ]マークに合わせて、シャッターボタンを半押しするとオートフォーカスが作動します。

ファインダー横にあるオートフォーカスランプ(④)が点灯したらピント合わせ完了。そのままシャッターボタンを押し込むと、シャッターが切れます。

 

撮りたいものがファインダー中央にないときは、撮りたいものに[  ]マークを合わせて半押ししたまま、カメラを上下左右に動かしてシャッターを切ります。

カメラを前後させてしまうと、[  ]マークを合わせた被写体との距離が変わってしまうので注意してください。

 

ピンボケ回避

ピンぼけを避けるためには、最短撮影距離より離れて撮影する必要があります。

このカメラの最短撮影距離は80cmになります。

撮影距離の判断に迷ったら、ファインダーの横にあるオートフォーカスランプ(④)を確認しましょう。

オートフォーカスランプ(④)が点滅したときはピントが合っていないか、撮影距離が近すぎます。

ピントを合わせる被写体を修正するか、ランプが点滅しない距離まで離れて、もう一度シャッターボタンを半押ししましょう。

 

フラッシュ(ストロボ)の設定

このカメラのフラッシュは、ボディ上部にあるフラッシュ・セルフタイマー・撮影モード設定ボタンで変更します。

目のアイコンの下にあるフラッシュアイコンが、自動フラッシュモードです。自動発光なので、暗いところやフラッシュが必要なところで自動に光ります。

液晶表示パネルにフラッシュマークが表示されている間はフラッシュの充電中です。

フラッシュを光らせたくない場合は、発光禁止モードに変えてから撮影しましょう。

 

その他の撮影モードの設定

konica z-up 130e

左端の目のアイコンは、フラッシュを使った人物撮影のときに使う赤目軽減モードです。

その他には、セルフタイマーポートレート夜景撮影があります。

暗いところでは+1.5露出補正モードを使いましょう。暗すぎる失敗写真を防げます。

遠くの風景を撮影するときは遠景撮影モードを使用して、きれいにピントが合うようにしましょう。

 

撮影後のフィルム巻き上げ方法

自動巻き戻しタイプ

フィルム巻き戻し

すべての枚数の撮影が終わると、自動でフィルムが巻き戻されるタイプです。

巻き戻しが止まったところで、裏ぶたを開けてフィルムを取り出します。

巻き戻しが終わったフィルムは、写真左側のフィルムのように、すべてのフィルムがパトローネ(金属管)に入った状態になります。

ときは

フィルムを取り出したら、ケースに入れて暗いところで保管しつつ、早めに現像に出しましょう

 

  • 巻き戻しされたのにフィルムカウンターの数字が変化しない
  • 巻き戻しの途中で電池切れになってしまった
  • 巻き戻しに失敗してフィルムが途中で切れてしまった

このような場合は、フィルムが完全に巻き戻しされていない怖れがあります。

そのときは決して確認のために裏ぶたを開けたりせず、そのまま写真専門店に持っていきましょう。

 

さいごに

もし分かりにくい箇所やここが知りたい!というポイントがあればお問い合わせよりご連絡ください(カメラの機種名をお忘れなく)。

 

フィルムの購入や選び方についても知っておきたいという方は、こちらでくわしく説明しています。

フィルムの購入方法や選び方を見てみる

 

撮影が終わったあとの現像とスマホ転送については、こちらでくわしく説明しています。

フィルム現像とスマホ転送の方法を見てみる

 

画像引用元:Konica Z-up 130e

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA